草津温泉観光、おすすめのモデルコース

今日は草津温泉おすすめを紹介します。

草津温泉に行って宿泊するなら、俄然、湯畑近くの宿をおすすめします。

草津温泉の強みは湯畑とその周りの温泉街、そして無料の共同浴場の存在だからです。
そして、もっともおすすめの早朝の湯畑と共同風呂めぐりをするには、湯畑へ歩いていけるところに宿泊することが必要になるからです。

それでは、2泊3日のゆったり温泉満喫モデルコースを作ってみます。

●1日目
東京新宿からバスで草津バスターミナルへ向かいます。
草津バスターミナルから、宿泊先の旅館たむらへ歩いて移動。
旅館たむら
旅館たむらで少し休憩後は、御座の湯で、湯畑源泉と万代鉱源泉の二つの源泉を楽しむ。
御座の湯
戻って、夕食。その後はゆっくりして、寝る前に地蔵源泉の旅館たむらのお風呂に入って眠る。
旅館たむらのお風呂

●2日目
翌朝は早起きして、湯畑を散策。
湯畑の無人の足湯
共同浴場、白旗の湯か千代の湯のを楽しむ。
千代の湯浴槽
戻って朝食
朝食後、千代の湯の時間湯へ(午前中は9時からのコースと11時からのコースがあります。)
その後湯畑近くのお店、例えばお蕎麦のそばきち湯畑店で昼食し、西の河原散策します。
途中でお土産として温泉まんじゅうを買う。
旅館へ戻って夕食
旅館たむら夕食
夕食のお肉
●3日目
早朝湯畑散策後、地蔵の湯へ
地蔵の湯源泉
地蔵の湯浴槽
その後朝食。
ゆっくりして、その後チェックアウト
歩いて日帰り温泉施設大滝の湯へ行きあわせ湯を体験。
大滝の湯
近くのラスク屋さんでお土産を買う。
循環バスで草津バスターミナルへ。バスタ新宿へと出発。

宿泊先として、旅館たむらを選んだのは、一人客を積極的に受け入れてくれること、地蔵の湯源泉のお風呂であること、
館内がきれいで、部屋に洗面所やトイレがあること、そして湯畑、バスターミナルに近いからです。
もし、食事にこだわるけれど、部屋に手洗いが無くても良いというのであれば、末広屋旅館をおすすめします。
こちらも湯畑、バスターミナルに近いです。

以下に過去に書いた記事を紹介します。

旅館たむらについての過去記事

日帰り入浴施設、御座の湯

共同浴場、千代の湯

共同浴場、白旗の湯

時間湯体験(9時、11時、14時、17時)

共同浴場、地蔵の湯

共同浴場、煮川の湯

共同浴場、こぶしの湯(万代鉱源泉)

とんかつとん香

そばきち湯畑店

ヒーリングと温泉の関係について

西の河原散策1

西の河原散策2

湯畑近くの射的

草津山光泉寺

白根神社

お土産は温泉まんじゅう
こしあん
つぶあん
草津と伊豆長岡の温泉まんじゅうの比較

お土産、ラスク

大滝の湯

循環バス

おいしいものをお腹一杯食べたい人向けの旅館、末広屋旅館
予約

ちきゅうにて

投稿者プロフィール

ChiAki
ChiAki
グローバル企業の経営企画部門に勤める会社員。
アグリセラピスト。
趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。

詳しくはこちら。