剣山(その3)、駐車場が満車

阿波池田から美馬へ

阿波池田駅をスタートし、徳島道へ乗り、しばらく走るとまもなく、美馬インターへと着きます。そこから貞光というところを通過し、どんどん進みます。
だいぶ以前に高知から剣山へ無計画に向かったときに寄った、道の駅貞光ゆうゆう館を見つかましたが、そのまま通過し、国道438号線をさらに進みました。道は狭いので、後ろに車がつくと、どんどん抜いて行ってもらいました。だいぶ進むと「つるぎの宿岩戸」という立ち寄り湯もやっている宿がありました。帰りによってもいいなと思いました。今回の旅では、帰りは国道439号を通り松尾川温泉に寄りましたが、次回もし来ることがあったら、このつるぎの宿岩戸に宿泊や立ち寄り湯に入っても良いかと思っています。国道438号線沿いは渓谷の景色も良かったのですが、計画に余裕がなかったので、途中停車して、それを楽しむことができませんでした。

つるぎの宿 岩戸
〒779-4302 美馬郡つるぎ町一宇字赤松6-9
TEL:0883-67-2826 FAX:0883-67-2388
JR徳島線(よしの川ブルーライン)貞光駅より車で約25分/徳島自動車道・美馬ICより約30分

見ノ越第一駐車場へ到着

次回は、そこを考慮したいと思っています。阿波池田を出発して、2時間余り、ようやく、見ノ越第一駐車場に到着しました。駐車場はけっこう混んでいて、誘導してくれる人がいました。すると、僕の前の車で、満車ということで、少し下にある、第二駐車場に停めてください、ということでした。第二駐車場から今いる第一駐車場まで歩いて約10分ということでした。せっかく近くまで来たのに、またこれから、遠くまで車を停めに戻るなんて!がーん。。

第二駐車場へ

第一駐車場を出て車で、第二駐車場まで下りました。けっこう下ってもなかなか第二駐車場へ着きません。見逃したかな?なんて思ったりしていると、ようやく第二駐車所へ到着。車は僕を入れて2台のみです。これは失敗したなぁなんて考えながら、車を停めて、第一駐車場、見ノ越リフト乗り場を目指して歩き始めました。
▼第二駐車場
第二駐車場
▼第一駐車場までの遊歩道入口
第一駐車場までの遊歩道入口

第一駐車場までの遊歩道

遊歩道に入ると、道路から見えない景色が広がりました。
清流が流れ、苔むした岩や樹々が、心地よい空間を創っていました。ちょっと遠回りになりましたが、何だかうれしくなりました。
遊歩道の清流
遊歩道の岩と木
苔むした岩と樹々
清流と苔と岩と若葉
こんな景色を眺めて歩いていると、第一駐車場へはすぐでした。

つづく

関連記事
剣山シリーズ、そのゼロ、阿波池田駅近くのパワーストーンのお店
さぁ、剣山へ、その1
剣山シリーズ、その2、レンタカーでGO

投稿者プロフィール

ChiAki
ChiAki
グローバル企業の経営企画部門に勤める会社員。
アグリセラピスト。
趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。

詳しくはこちら。