黒にんにく作りの小型専用機導入

  • ブックマーク
  • Feedly

昨日も電気炊飯器での黒にんにく作りの記事を書きました。

今までの取り組み

この電気炊飯器での黒にんにく作りですが、このブログを始めるよりも前からトライしていて、失敗したことやうまくいったこと等をいろいろ書いてきました。もう、2012年から作り始め、今使っている電気炊飯器も2013年の8月に中古のものをリサイクルショップで買って以来、すっと使ってきました。
☟当時の記事です。

専用機の検討

そんなこともあり、かなりくたびれてきてしましました。また、一度に12、3個くらいしか作ることができないといった不便さがありました。自分で作るということを始めたころにはなかった、黒にんにく作り専用機がアマゾンにいくつも並ぶようになりました。そこで、思い切って黒にんにく作りの専用機を購入して、使ってみることにしました。

購入した専用機

購入したのは、これです。

2年間の保証が付くこと、一度に作れる数が多いこと、アマゾンのレビューで、硬くなって失敗した等のレビューがないことから決めました。また、乾燥モードが付いているということで、製造期間の短縮も図れそうです。

Amazonから到着

届いた段ボールを開封

構造はシンプル。

もともと保温用の電気炊飯器を改造しただけのようです。ですが、中から蒸気が漏れないように工夫されているようだし、タイマーが付いています。過去に失敗した事例をブログにアップしてきましたが、その記事を読んでくれたかのような出来栄えです。

取説は日本語版が付いています。日本語、少し変ですが笑

専用機使用開始!

自作にんにくをセット。22個入りました。

スイッチを入れて、あとはできるのを待つのみです。

関連記事

☟今年産のにんにくのできについて

☟以前に黒にんにく作りの専用機の検討についても書いた記事です。

☟収穫の様子はこちら

☟昨年の黒にんにく作り

☟黒にんにくの薬効について

☟黒にんにくのはちみつ漬け作りについて

☟アホエン入りのオリーブオイル作り

  • ブックマーク
  • Feedly
富士山

この記事を書いた人

アグリセラピスト。
日本断易学会認定占い師(坤綬)
元グローバル企業の経営企画部門に勤める会社員。
趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。