自宅で作る、健康サプリ黒にんにく

  • ブックマーク
  • Feedly

電気炊飯器で黒にんにくを作っています。以前もこのブログや、過去の別のブログでも何度か作り方を書いてきましたが、最近複数の方に質問を受けたので、再度作り方を書きます。

作り方

1.生のにんにくを電気炊飯器へ入れる。

2018年産にんにくの黒にんにく化スタート

この際に水分調整を特にする必要はありません。収穫直後の生にんにくは水分が多いので、乾燥させて30%程度水分を落としてから使うと良いです。電気釜の下方に少し水分が溜まることがありますが、問題ではありません。通常スーパーで売っているにんにくは、乾燥されたものですので、水分の量についてあまり気にすことはないです。
この際に下に布巾を引くとベター。

2.電気炊飯器の保温スイッチをオン。低温、高温の選択がある場合は、高温を選択。
電気炊飯器で黒にんにく作り

保温モードの高温

3.二週間そのまま放置。途中、1日後、1週間後に中の様子を見ても良い。

4.二週間したら、取り出す。仮完成。

黒にんにく完成

黒にんにく

5.さらに常温で、一週間程度置くと、甘味が増します。

常温でさらに熟成させる

電気炊飯器は、リサイクルショップ等で購入します。アマゾンでもいろいろ売っています。黒にんにく作り専用にする必要があります。

過去の黒にんにく作りの記事

黒にんにくの薬効

黒にんにくの薬効については、以前に何度か書いています。こちらを読んでいただけると幸いです。

黒にんにく発酵の専用機の登場

黒にんにくが人気だからか、電気炊飯器の保温モードの機能を発達させた、黒にんにく作りの専用機が最近出てきたようです。
今は、電気炊飯器で作っていますが、最近は、黒にんにく作り専用機も売っているようです。いろいろ調べてみるといろいろあるようです。僕も電気炊飯器が古くなってきたので、将来購入を考えています。

調べたものを下に貼り付けました。今後、僕も詳しく調べて、一個は買ってみようと思っています。臭いが出ない、屋内で使用可のものもあるようですが、本当か調べてみたいです。

黒にんにくメーカー
エムケー精工
釜の容量は5Lで、1回でMサイズのにんにく16-18玉作ることができます。

Gemtune 黒ニンニクメーカー

一回、1.5kgぐらい黒ニンニクができます。発酵時間は7日間から12日間までです。手動選択できます。

emtune 黒ニンニク機 ニンニク発酵機

ブラックGarlic Fermenter

3lまでの容量

自分で作る楽しみ

黒にんにく、買って食べるのも良いですが、自分で作ってみるの、楽しいですよ。にんにくを買って、自分で黒にんにくやアホエンオリーブオイルを作るのも良いし、にんにくを自分で畑で作るのも、良いです。最近は異常気象で野菜も高くなることが多いですから、小さくても家庭菜園を持って、自分で少しでも作っている状態でいた方が、安心だし、身体にも良いし、楽しいし、と思っています。歳を取ってからも続けられるし、歳を取ってからも始められますし。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

会社員。グローバル企業の経営企画部門に所属。
アグリセラピスト。趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。「ちあき」は、漢字で書くと、「地明」
「地球を明るくする!」を意味しています。