天地否(てんちひ) 天地否は閉塞感を打ち破れ!

  • ブックマーク
  • Feedly

今日の占い

10月12日 月曜日
今日の占い 
天地否(てんちひ)
天地否は閉塞感を打ち破れ!
7日に出た天地否、また出ました。再度じっくり読み直しています。

「否」とは、否定を表しますが、同時に閉塞状態も意味します。
この卦は天と地がそっぽを向き全く交わらない様子、即ち天と地が通じていないことになります。調和がなく、各々が勝手なことをすれば、和は乱れ、統制が取れません。したがって、この卦が出た時は、運気は総じて悪い状態であり、八方塞がり、崩壊、無秩序など、ネガティブな意味となります。

今は、何よりも控えめな態度で、難を避けるようにすることが大切。困難やトラブルから距離を置くよう心がけましょう。今の状態を乗り切れば、近い将来、運気は回復します。

運気は停滞期に入りました。何をしてもうまくできないのが、この時期です。大きな失敗から小さな不具合までさまざまに起こります。困難を今すぐに解決しようとするよりは、距離を置く方が良いでしょう。新規のことや積極策も裏目に出やすいので、しばらくは控えた方が無難です。今は、のんびりゆっくりと過ごしてください。出しゃばらず、控えめな態度ですごしていれば、チャンスは訪れます。

仕事に関して
何事においても、まとまりがつかず、収集できない状態で、思ったような結果が得られないことの方が、多い時期です。もし、転職や新規事業の開拓を検討している時期に、この卦が出たならば、実行は見送りましょう。今の仕事を辛抱強く継続した方が、将来的に良い結果になる可能性が高いです。また、一見して良さそうな仕事や役回りがやってきたとしても、思ったほど良いこともなく、どちらかと言えば、厄介ごとに繋がる可能性が大ですので、うまく逃げることです。

金運に関して
投資をしても、その見返りはまずない状況です。金運がないのですから、この時期は仕方がありません。また、収入よりも、無駄な出費が多い時期です。収支のバランスが崩れ、赤字になることも覚悟してください。

龍羽先生の台湾流 龍羽易占カードから引用しました。

断易としての解釈

断易として卦を詳しく見ると、財運が良いです。また、書類作成や契約についてツキがあります。そういったことで、何らかの進展が見込めそうです。

読むだけで運が良くなるブログ、そんなブログにしたいと思っています。

ブログを訪問してくれる方の存在が、継続の励みになっています。
ですので、こうしてブログを訪問して、読んでくださるみなさまにとって、良き日となることを願っています。

今日もまた、みなさんにとって、良き一日となりますように!
天地否

遠隔コイン占い

実際に対面しないで占えます。卦を出してから、内容についてお話しますので、コインを投げて手計算で卦を出す時間が短縮できます。ですので、対面鑑定のときよりも短時間でポイントをお伝えできます。

龍羽先生の易占カード

カードには解説本があります。この解説本はとても良い本で、参考にさせていただき、引用させていただいています。おすすめです。

最新の運命についての考え

こちらにまとめてみました。

どうやって占っているのか?

卦を出すのには最近はコイン(中国古銭)を使っています。天地人合一という考え方を重視するようになったからです。また、八面体さいころを使うと、動爻が多くなる傾向があります。一方、コインを使うと独発が多く出、卦がそこを強く訴えていると感じます。

六爻占術テキストNo.1より引用

「ひとつのコインには裏と表があり、それは陰と陽のシンボルです。コインのまるい縁は天のシンボルで、真ん中の四角い孔は地のシンボルです。縁と孔の間にある部分は肉と言って肉体を持った人間のシンボルです。つまり、一枚のコインは天地人の三元がそろっているのです。三枚のコインを使ったのは、「道は一を生じ、一は二を生じ、二は三を生じ、三は万物を生じる」、という易の宇宙観を示したもので、宇宙のなかのあらゆる事象の変化が、三枚のコインでわかるのです。

また、画像アップしている周易の易カード(イーチンタロットと呼んだりするそうです)や断易についての説明はこちら☟です。

鑑定希望や学びたい方へ

☟こちらのページにまとめてあります。

  • ブックマーク
  • Feedly
富士山

この記事を書いた人

三上あき
アグリセラピスト
占術家(断易)
日本断易学会認定(坤綬)

趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。