遠隔のヒーリング

  • ブックマーク
  • Feedly

昨日はイメージの使い方について書きましたが、遠隔ヒーリングでもイメージを使います。

遠隔ヒーリングとは

遠隔ヒーリングとは、目の前にいない相手をヒーリングすることです。なれると、それほど難しいことではありません。それが肚に落ちてから、人に恨まれるのは、なるべく避けようと思うようになりました。確実に思念、情報、エネルギーは飛んでいきますから。

遠隔ヒーリングのやり方

遠隔ヒーリングのやり方ですが、まず相手をイメージします。あったことのない相手でも写真を使えば同じようにできます。スカイプ等インターネットを使ってもできますが、やはり一度はお会いして、記憶に残っている方が、回線は太くなりますね、私の場合は。(オンラインZoomでもできると思いますが、やったことがありません。今度トライしてみたいです。)回線が繋がれば、あとは目の前にいる場合と同じです。回線が繋がったかどうか?は肌感覚で分かります。この辺の感覚は、日々のルーチンを継続してきて分かるようになってきました。

遠隔ヒーリングの効果・体感

この遠隔ヒーリングの体感ですが、こちらからは回線接続はわかるのですが、相手からはどうか?というと、実際は分かる人と分からない人がいます。ですので、誤解されることもあります。この点は、日々の精進でさらなるレベルアップを図るしかないかと思っていますが、同時に、理解していただける人を相手にしていけば良いと開き直ってもいます。

ヒーリングについて書いてきました。

▼ヒーリングについて書かれたおすすめの本

  • ブックマーク
  • Feedly
富士山

この記事を書いた人

ほしの ちあき
アグリセラピスト
占術家(断易)
日本断易学会認定(坤綬)
元グローバル企業の経営企画部門に勤める会社員
趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。