今日の占い  天火同人(てんかどうじん) 天火同人は、仲間と協力

  • ブックマーク
  • Feedly

今日の占い

1月11日 月曜日
今日の占い  
天火同人(てんかどうじん)
天火同人は、仲間と協力

易経には「大川を渉るによろし」とあります。同人とは、多くの人と一致団結して協力することと理解できます。即ち、皆で知恵を出し合い、そして協力して物事を推進すれば、水量が多い大河でさえも渡ることが可能なように、必ず良い結果が生まれることを示唆しています。ですから、この卦は、チームワークに吉があり、単独で行うのは凶なのです。あなた一人が自己満足するような私利私欲を欲していないか自問自答してください。この卦が出た時には、集団の利益が最終的にあなた個人にも還元されることにつながる、ということを忘れてはいけません。

物事は順調に上手くいきます。したがって、悩んでいること、問題となっていることを自分一人で解決しようとするのではなく、むしろ、周囲の人に協力を仰ぎ、コミュニケーションを取りながら、物事に対処するようにしてください。また、あなたの日頃の言動においても、自分だけが得すればよいと思わず、周囲の人や協力者をも利が得られるように心がけると、最終的に自分が目的としたことを達成できます。逆に、あなたがもしも、
自己利益を得るためだけに、他人を利用(悪用)しようとするのなら、運気は一転して凶となります。

仕事に関して
運気は上向いていますので、仕事は比較的順調な気配です。グループなどでの作業や共同経営、コラボなど、一人ですることよりも仲間を募っての方が、上手く行きます。ただし、ライバルも多く、入札や入社試験などは、競争が激しくなり、ちょっと厳しいかもしれません。

金運に関して
お金を使うなら、自分のためにだけ出費するよりも、仲間のため、家族のために使うことを心がけていれば、自分にも運気が回ってくるでしょう。単純にお金が戻ってくるということよりも、人脈が充実して、心理的な充足感を味わうことになり、自分へのお返しも還ってきます。

恋愛に関して
シングルの人は、とてもモテる時期に入っています。特にグループ交際や友達を通じての紹介に縁があります。今の時世ではなかなかないでしょうが、パーティーなどには、積極的に参加してください。その際には、ただ単に参加されるのではなく、その会の立案や企画に携わり、サポートすることが吉となります。その結果、お互いに性格を理解し、信頼できる人と良い関係になれるでしょう。

カップルの人は、常に相手が置かれた立場や状況を考えての行動を心掛けるようにしましょう。相手を中心に思うことで、相手もまたあなたに対して思いやりを持ってくれ、とても良い関係になれます。変な秘密を作ると、後からばれて、大変なことになります。

龍羽先生の台湾流 龍羽易占カードから引用しました。

断易としての解釈

断易として卦を詳しく見てみると、お楽しみ運が良いです。勉強や学びを続けている人は、楽しいことに引きずられて、なかなか学びが進まない恐れがあります。また、仕事を通じて学びが促進されることもあります。

今日もまた、みなさんにとって、良き一日となりますように!

良きことが、みなさんに、雪崩れの如く起きますように。
天火同人

遠隔コイン占い

実際に対面しないで占えます。卦を出してから、内容についてお話しますので、コインを投げて手計算で卦を出す時間が短縮できます。ですので、対面鑑定のときよりも短時間でポイントをお伝えできます。

龍羽先生の易占カード

カードには解説本があります。この解説本はとても良い本で、参考にさせていただき、引用させていただいています。おすすめです。

最新の運命についての考え

こちらにまとめてみました。

どうやって占っているのか?

卦を出すのには最近はコイン(中国古銭)を使っています。天地人合一という考え方を重視するようになったからです。また、八面体さいころを使うと、動爻が多くなる傾向があります。一方、コインを使うと独発が多く出、卦がそこを強く訴えていると感じます。

六爻占術テキストNo.1より引用

「ひとつのコインには裏と表があり、それは陰と陽のシンボルです。コインのまるい縁は天のシンボルで、真ん中の四角い孔は地のシンボルです。縁と孔の間にある部分は肉と言って肉体を持った人間のシンボルです。つまり、一枚のコインは天地人の三元がそろっているのです。三枚のコインを使ったのは、「道は一を生じ、一は二を生じ、二は三を生じ、三は万物を生じる」、という易の宇宙観を示したもので、宇宙のなかのあらゆる事象の変化が、三枚のコインでわかるのです。

また、画像アップしている周易の易カード(イーチンタロットと呼んだりするそうです)や断易についての説明はこちら☟です。

鑑定希望や学びたい方へ

☟こちらのページにまとめてあります。

  • ブックマーク
  • Feedly
富士山

この記事を書いた人

三上あき
アグリセラピスト
占術家(断易)
日本断易学会認定(坤綬)

趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。