分杭峠(その3、氣のスポット)

  • ブックマーク
  • Feedly

▼分杭峠散策マップ
分杭峠散策マップ
分杭峠散策マップ(宿泊先ホテルにあった掲示物の写真を撮りました。)にある、氣場と言われるスポットへ。この氣場が分杭峠のおすすめスポットのようで、

新聞でも何度も紹介されているようです。

▼長野日報2009年の記事
長野日報2009年記事

▼長野日報2011年のカラー記事
長野日報2011年記事

氣場までは約100メートル。すっと下りなので、行きはあっという間です。氣場には丸太でできた椅子があって、多くの人が座って、休んでいました。ここに一日いる人もいるそうです。

▼氣場への道
気場へ向かう道

▼氣場で休む方々
気場

▼氣場からの風景
気場からの景色

ただ、期待していたほどの凄さを感じることができず、一緒に行った親や甥っ子にとっても同じようで、彼らはすぐに撤収。僕的にはそれほど、魅力を感じることができなくて、僕もすぐにそこから、バスの乗降場所へ戻りました。

そして、そこから600、700メートルくらい、歩いて10分くらいに水場へと向かいました。(散策マップの右端の方に描かれています。)。全面通行止めとか立入禁止とか書いた看板がありますが、これは無視して、進みます。途中にも沢があって水が流れていたり、雪が残っていたりするのを眺めながら進みました。

▼通行止めとかかれた看板。それは気にしないで進みました。
立ち入り禁止の看板

▼途中、水が流れる沢も。初め、ここが水場?と思いましたが、違いました。
遊歩道途中の沢

▼水場へ向かう遊歩道には、雪がまだ残っていました。
分杭峠に残る雪

▼途中、岩が崩れた場所がありましたが、危険というわけではありませんでした。
分杭峠の岩が崩れた場所

そして、水場と言われる場所へ。そこではさわやかな風が吹いていました。上流から流れてきている清流の流れる音が心地よく、とても気持ちの良い場所でした。石が好きな甥っ子はそこにある石をいろいろ吟味して?遊んでいました。

▼水場到着
分杭峠水場到着

▼水場の様子
分杭峠水場

▼水場の清流
分杭峠水場の清流
ちょっと名残惜しかったのですが、帰りのバスが15:15発、それを逃すと16時の最終になってしまうので、そこをあとにしました。バスの乗降場までは急げば10分、ゆったり歩くと15分です。

【補足】水場へむかう遊歩道?と、氣場を通る氣の筋の交差するところ、言い換えると、遊歩道がちょうど氣場の真上を通るところが、実は一番の氣のスポットという方がいて、そこで、一日ずっと休んでいる方々がいました。そこは景色も良く、氣が通る場所のような感じがしました。

こちらもどうぞ
分杭峠その1
分杭峠その2

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

グローバル企業の経営企画部門に勤める会社員。
アグリセラピスト。
日本断易学会坤綬認定占い師。
ちあき(ChiAki)は、地明と書いて、地球を明るくするという意味です。
趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。