今日の占い  山地剥(さんちはく) 山地剥は大きな環境変化への対応

  • ブックマーク
  • Feedly

今日の占い

11月30日 月曜日 
今日の占い 
山地剥(さんちはく)
山地剥は大きな環境変化への対応
土砂災害のような過去の崩壊、環境の環境の変化に、じっと堪える
6月20日以来の山地剥です。周易としては、厳しい卦ですが、断易として詳細を見ていくと、かなり光が見えます。

「剥」は、剥ぎ取る、あるいは剥奪という意味です。
土砂災害のように、山が削られて崩れていく様子を思い浮かべれば理解できるかと思います。まさに崩壊を表している卦です。自然の力に逆らえないように、あなた自身の力ではどうこうできるような事態ではありません。今は手の打ちようがないので、無理をしないで、じっとしているのが、何よりの解決法です。冬の時代を耐え忍べば、いずれは春が訪れます。

あなたの運気に危険が迫っています。自分の内部にあるエネルギーを極力無駄に消耗しないでひたすら備蓄に回してください。何か大きなことを計画中か進行中であっても、一旦は中止して周りの状況や状態を様子見しましょう。今のままで無理に進めると、障害が生じて失敗します。今はじっくりと計画を練り直し、時が熟すのを待てば、やがては良い時期が来て回復します。

仕事運について
仕事は不調続きです。何をやっても上手くいかず、焦りを感じているはずです。場合によっては、あなたの会社は倒産の危機に直面している可能性もあります。または、降格やリストラ、不渡りなど、様々な問題の可能性もあります。このような時には、自分自身の転換期と考えて、冷静に自分を見直しましょう。事を急いでは、凶をもたらすだけです。人生は、山あり谷ありです。この不調が永遠に続くわけではありません。今は辛抱の時と思って我慢してください。

龍羽先生の台湾流 龍羽易占カードから引用しました。

断易としての解釈

断易として卦を詳しく見てみると、財運、そして楽しみ運が良い日です。体調が悪かった方は回復基調です。仕事運は、周易としての見立てと同じで良くないですが、明日以降回復してくる見込みです。

今日もまた、みなさんにとって、良き一日となりますように!
良きことがみなさんに、雪崩れの如く起きますように!!
山地剥

遠隔コイン占い

実際に対面しないで占えます。卦を出してから、内容についてお話しますので、コインを投げて手計算で卦を出す時間が短縮できます。ですので、対面鑑定のときよりも短時間でポイントをお伝えできます。

龍羽先生の易占カード

カードには解説本があります。この解説本はとても良い本で、参考にさせていただき、引用させていただいています。おすすめです。

最新の運命についての考え

こちらにまとめてみました。

どうやって占っているのか?

卦を出すのには最近はコイン(中国古銭)を使っています。天地人合一という考え方を重視するようになったからです。また、八面体さいころを使うと、動爻が多くなる傾向があります。一方、コインを使うと独発が多く出、卦がそこを強く訴えていると感じます。

六爻占術テキストNo.1より引用

「ひとつのコインには裏と表があり、それは陰と陽のシンボルです。コインのまるい縁は天のシンボルで、真ん中の四角い孔は地のシンボルです。縁と孔の間にある部分は肉と言って肉体を持った人間のシンボルです。つまり、一枚のコインは天地人の三元がそろっているのです。三枚のコインを使ったのは、「道は一を生じ、一は二を生じ、二は三を生じ、三は万物を生じる」、という易の宇宙観を示したもので、宇宙のなかのあらゆる事象の変化が、三枚のコインでわかるのです。

また、画像アップしている周易の易カード(イーチンタロットと呼んだりするそうです)や断易についての説明はこちら☟です。

鑑定希望や学びたい方へ

☟こちらのページにまとめてあります。

  • ブックマーク
  • Feedly
富士山

この記事を書いた人

三上あき
アグリセラピスト
占術家(断易)
日本断易学会認定(坤綬)

趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。