今日の占い  天水訟(てんすいしょう) 天水訟は衝突。相手を理解しようとする意識や行動が大切。

  • ブックマーク
  • Feedly

今日の占い

11月13日 金曜日 
今日の占い 
天水訟(てんすいしょう)
天水訟は衝突。相手を理解しようとする意識や行動が大切。

易経には、「恐れて中すれば吉、終われば凶」とあります。即ち、双方に誤解があるために、それが原因で争いに繋がり、さらには八方ふさがりになることを示す卦です。その様なじょうきょうであっても、とことん闘うというよりは、ほどほどの解決策を考えるとか、様子眺めの方が、事態を打開できることを暗示しています。つまり、中庸の精神をもち、自分のことのみを考えず、相手のことも考えて、お互いが歩み寄れるような形で和解ができれば、吉なのです。ところが、最後まで争うとなると、双方にとって無益であり、時間もお金も無駄に浪費するだけです。

あまり良い運気とは言えません。何事につけても、思い違いや行き違いがやたらと多く、ものごとが順調に運びません。また、意見の対立や問題が発生しやすい時期なので、争いごとが絶えません。正に誤解が誤解を生み、争いが争いを生む、悪循環の運勢なのです。それがもとで、これまで良好であった人間関係にひびが入り、悪化する可能性もあります。『易経』には、「大人を見るに利あり」とあります。目上の人の意見を求めることにより、物事を進めることが有益です。

仕事に関して
意見が合わず、仕事に行き詰まりや問題が起こる時期です。その様な時には、上司、同僚、友人、家族に相談をしましょう。自分の意見が通らないので、他人からの意見や忠告に対しては、兎角反発をしたくなりますが、ここは素直に謙虚な態度を忘れずに受け入れましょう。そうすれば、仕事に対する行き詰まりや問題を打開できます。

金運に関して
どこからか、お金が入ってくることをあてにしてもしても、入ってきません。もちろん、投資やギャンブルも読み違える時です。それどころか、想定外の支出に悩まされそうです。支出や損失を少しでも少なく抑えられるように、考えて行動してください。一発逆転とか一攫千金とかを狙ってはいけません。

龍羽先生の台湾流 龍羽易占カードから引用しました。

断易としての解釈

断易として卦を詳しく見てみると、それほど悪くはない日です。周易と断易の違いがはっきりと出ています。仲間とのコミュニケーションがうまくでき、学びも進みそうです。そして、楽しくすごせそうな日です。ただし、仕事運は良くない日なので、そこは留意してください。

今日もまた、みなさんにとって、良き一日となりますように!
良きことがみなさんに、雪崩れの如く起きますように。
天水訟

遠隔コイン占い

実際に対面しないで占えます。卦を出してから、内容についてお話しますので、コインを投げて手計算で卦を出す時間が短縮できます。ですので、対面鑑定のときよりも短時間でポイントをお伝えできます。

龍羽先生の易占カード

カードには解説本があります。この解説本はとても良い本で、参考にさせていただき、引用させていただいています。おすすめです。

最新の運命についての考え

こちらにまとめてみました。

どうやって占っているのか?

卦を出すのには最近はコイン(中国古銭)を使っています。天地人合一という考え方を重視するようになったからです。また、八面体さいころを使うと、動爻が多くなる傾向があります。一方、コインを使うと独発が多く出、卦がそこを強く訴えていると感じます。

六爻占術テキストNo.1より引用

「ひとつのコインには裏と表があり、それは陰と陽のシンボルです。コインのまるい縁は天のシンボルで、真ん中の四角い孔は地のシンボルです。縁と孔の間にある部分は肉と言って肉体を持った人間のシンボルです。つまり、一枚のコインは天地人の三元がそろっているのです。三枚のコインを使ったのは、「道は一を生じ、一は二を生じ、二は三を生じ、三は万物を生じる」、という易の宇宙観を示したもので、宇宙のなかのあらゆる事象の変化が、三枚のコインでわかるのです。

また、画像アップしている周易の易カード(イーチンタロットと呼んだりするそうです)や断易についての説明はこちら☟です。

鑑定希望や学びたい方へ

☟こちらのページにまとめてあります。

  • ブックマーク
  • Feedly
富士山

この記事を書いた人

三上あき
アグリセラピスト
占術家(断易)
日本断易学会認定(坤綬)

趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。