黒にんにくの失敗作を使って黒にんにく酒づくり

  • ブックマーク
  • Feedly

黒にんにくを自作しているのですが、
失敗することもあります。どんな失敗かというと、出来上がったものが、硬くて食べることができないのです。
☟失敗した時の記事です。

黒にんにく酒作り2020年5月

水分コントロールに問題があると、こうなるのですが、その失敗作で何かできないか?と考えました。
実はだいぶ以前にも失敗していて、その時の失敗作を梅酒作りに使うホワイトリカーに漬けて置いたのでした。それを押し入れの奥にしまっておいたのですが、日本酒ベースの梅酒やブランデーベースの梅酒を出した際に再発見して、飲んでみたら、これがけっこういけたのです。そして体感的・直感的に、普通の梅酒よりもカラダに良さそう!と感じました。そして、もう一点、硬くなった黒にんにくは、長い間お酒に浸された結果、柔らかくなっていて、食べることができるようになっていたのでした。
そこで、また黒にんにく化に失敗した硬くなってしまった黒にんにくをお酒に漬けてみることにしたのでした。黒にんにく酒づくりです。

レシピ
硬くなった黒にんにく
蜂蜜 250g
ブランデーベースリキュール 1.8リットル

▼硬くなった黒にんにくを使用

▼蜂蜜とブランデーベースのお酒を使用

1年後の黒にんにく酒2021年6月

あれから1年強。黒にんにく酒のその後のレポートです。
▼真っ黒になりました。まるで、醤油漬け

飲んだ感想

肚に染みる感じです。ちょっとにんにくの味が残っていますが、薬膳酒っぽい味がします。翌朝は目覚めが良かったです。

関連記事
日本酒ベースで梅酒作りにトライしました。
↓が漬けた時の記事です。

↓ブランデーベースで作った時の記事です。

  • ブックマーク
  • Feedly
富士山

この記事を書いた人

三上あき
アグリセラピスト
占術家(断易)
日本断易学会認定(坤綬)

趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。