ほったらかし農法の梅を使ってブランデーで梅酒作りトライ

ほったらかし農法?の梅

畑の隅に梅の木が三本ほど植えられています。私の親が植えたものが一本、それより以前からすでにあったもの、祖父が植えた?が二本、計3本。その梅の木は、手入れをまったくされていないのですが(私が見ていないだけ?でも肥料をやったとか消毒したとか、剪定したとか聞いたことも見たこともありません)、毎年実をつけます。

両親が今年は何も作らない、ということで

だいたい例年両親が梅酒にしたり、梅干しにしたり、人にあげたりと、いろいろと活動していました。最近はその活動のモチベーションが落ちてきたようで、今年は何もしないと言っていました。私の方はというと、9年前に漬けた梅酒を最近初めて飲んで、おいしかったことから、今年9年ぶりに梅酒を作ってみようという気持ちになりました。父が梅を採ってきて、それを友人にあげてしまいましたので、その残りの梅を使って、作ることにしました。
青梅

ブランデーで梅酒

ブランデーベースで作ってみたい!と思ったので、果実酒用のブランデーベースのものを近所のスーパーで買ってきました。(通常はホワイトリカーで作ることが多いようです。)一緒に氷砂糖と容器を購入。
ブランデーベースリキュール
休日に作業をして、押し入れに格納しました。
蓋に作った日を記入

梅酒つくりのレシピはインターネット上に溢れているので、詳細は書きませんが、今回は梅1キロ、氷砂糖700グラム、ブランデーベースのリキュールを1.8リットル、これで4リットルの容器がちょうど良いです。

これから数か月後か数年後に出来上がったものを飲むのが楽しみです。

▼作業完了直後
作業直後。梅が沈んでいます。
▼一晩たって、翌朝。梅が浮いてきた。これで、いいのだろうか?
翌朝の梅酒

投稿者プロフィール

ChiAki
ChiAki
グローバル企業の経営企画部門に勤める会社員。
アグリセラピスト。
趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。

詳しくはこちら。