赤大根初収穫(2019年6月5日)

  • ブックマーク
  • Feedly

畑で作っている赤大根の紅くるり。初収穫(2019年6月5日)しました。播種が遅れた分昨年より遅くなりました。さっそく、大根おろしにして食べてみました。大根はおろしたあとすぐに食べないと栄養分が劣化してしまうということなので、食べる直前におろしてすぐに食べました。(赤大根の抗酸化の力は普通の大根の十倍以上と言われています。)
▼今年2019年初収穫の赤大根紅くるり
2019年初収穫した赤大根紅くるり

▼大根の中(今年2019年産)
紅くるりの中

まず、二つに切って中を確認しました。昨年のものより、中が白い気がします。

▼参考までに、昨年2018年の赤大根の中
紅くるり大根の中

▼参考昨年2018年の大根。サラダ大根(左)と紅くるり大根(右)
サラダ大根と紅くるり大根

▼さっそく、大根おろしにしてみました。
赤大根の大根おろし

大根おろしも、昨年ほど辛くない気がしました。食べやすくて良いのですが、少し拍子抜けでもありました。

それから、今年は、昨年ほど虫がつかないです。虫退治に時間を取られなくて良いです。畑をパワースポット化するといって、多くのエネルギー資材を入れたのも影響しているかな。

エネルギーが上がって、角が丸くなってしまったのか?

その可能性はあるけれど、他にも理由があるかもしれないです。今後も考えていこうと思っています。

それから、スムージーにもしてみたいです。

☟関連記事です。

  • ブックマーク
  • Feedly
富士山

この記事を書いた人

ほしの ちあき
アグリセラピスト。
日本断易学会認定占い師(坤綬)
元グローバル企業の経営企画部門に勤める会社員。
趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。