赤い大根、紅くるりの芽が出ました!

  • ブックマーク
  • Feedly

昨年作って、大好評だった赤い大根、紅くるり。

今年も播きました。そして、昨日ようやく芽が出てきました。

赤い大根は高い抗酸化能

紅くるり大根は、赤い色はアントシアニンであり、普通の白い青首大根と比べて抗酸化能が10倍以上と言われています。なんだか言葉が難しいですが、簡単に言うと老化の原因物質の作用を抑えるということです。そして栄養があるだけではなく、美味しくて見栄えも良いのです。ですので、今年も作ることにしました。

無農薬栽培

作る上での一番の手間は、青虫の駆除です。殺虫農薬を使わないので、害虫の駆除はすべて手作業です。それでもミニトマトやパプリカに比べて手間がかからないので、今年は、ミニトマトやパプリカを減らして、赤大根を増やそうと計画し、先週種を蒔いたのでした。

▼昨日の紅くるり。発芽したて!

▼昨年収穫の紅くるり大根
紅くるり大根

▼紅くるり大根は中も紅いです。
紅くるり大根の中
☟過去の投稿

紅くるり大根

  • ブックマーク
  • Feedly
富士山

この記事を書いた人

アグリセラピスト。
日本断易学会認定占い師(坤綬)
元グローバル企業の経営企画部門に勤める会社員。
趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。