やばい、急がなくては!

  • ブックマーク
  • Feedly

何度も投稿しているので、ぽろたん日記とでもしましょうか、栗の苗木のその後の様子です。定植後、とても順調に来ていて、想定していたよりも速く枝葉が育ってきました。それは良いことなのですが、写真を見ていただければ分かるのですが、葉が周りを囲っているネットの外へ出始めました。

▼右側に葉が飛び出してきています。
ぽろたんの成長した葉

どうして、やばい!のか?というと、囲いのネットは、鹿が、若芽や若葉を食べるのを防ぐために張っているからです。だから、それより外に出てしまっては、鹿が食べたり、いたずらしたりするのを防ぐ役割を十分果たせないのです。

当初予定では、5月中に定植直後に囲った今の枠を、もっと大きな枠に作りなおせば良いだろうと思っていました。ですが、これでは今すぐにでもやらないといけない感じです。4月末の土日は出かける予定が入っているので、早くても5月1日になります。それまでは、周りの緑の棒の傾きを変えるとかで、ごまかしていくしかないです。

5月上旬はミニトマトとパプリカの定植予定ですが、その時に一気に作業はやってしまうしかないなぁと、今は考えています。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

会社員。グローバル企業の経営企画部門に所属。
アグリセラピスト。趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。「ちあき」は、漢字で書くと、「地明」
「地球を明るくする!」を意味しています。