天川での食事とカフェ事情(2021年2月)

  • ブックマーク
  • Feedly

今年2021年2月も天河神社の神事に参加してきました。天河では食事をどうするか?けっこう悩みになります。今年行って得た情報を過去記事に追記する形でレポートします。

概要

天河神社の節分の神事に行って来たレポートを昨日投稿しましたが、食事をどうするか?ということがけっこう悩みになりました。そこで、天川での食事について、今回の訪問の経験から書いておきます。

天川での食事について

天川での食事は、食事ができるお店も数件あり、そのお店は素敵なのですが、全体で捉えると、それほど良いという状況ではないのです。観光客がたくさん訪れるパワースポットと比べて貧弱と言っても良いでしょう。でも、それでも良いから天川へ行きたい!という人が多いです。そして私も、その一人です。
夕食を外食で摂ろうとしても、夕方4時くらいには閉店してしまっていることが多いので、事前に準備しておかないと、困ることになります。また、民宿も、食事が付いていないところが多いようです。(民宿を運営している方の年齢が高齢化して、食事の提供が難しくなっているようです)。

でも、神事後の直会でのおにぎりや、節分祭後の恵方巻やぜんざいのおふるまいもあるので、それで十分と言う方もいます。

私の場合は、当日の夕食や翌日の朝食を、峠を登る前にある、黒川のヤマザキショップ(下方記載しました)で購入しました。民宿の共有スペースに電気ポットや電子レンジが置いてあるので、そこで温めたり、お湯を使用したりできます。

このような状況ですが、行きたい!と惹きつける魅力が天川にはあるのです。

2021年の天川

例年、鬼の宿神事の後には直会があり、参加者が集まっておにぎり等をごちそうになります。今年はコロナ対策で、おにぎりを配布する形でした。
▼直会のおにぎり

▼希望者のみへの恵方巻

寄ったことがあるお店の紹介

今回、前日宿泊した橿原神宮前駅近くのホテルから、天川に向かいました。天川にもお店はあるのですが、品数は少な開店時間が短めなので、食べ物を買って、現地で食べるというのであれば、途中で買っていくことをおすすめします。

道の駅吉野路黒滝

途中吉野路黒滝という道の駅があり、その道の駅にヤマザキショップがあります。ヤマザキYショップ道の駅吉野路黒滝店というそうです。パンやサンドイッチ、おにぎり等が豊富にあるので、そこで買うのが良いと思います。そこから天川まで車で20分くらいです。(天候が良い場合です)。
▼2021年
椎茸ほだ木。種駒は、なんと静岡県裾野産!

黒にんにく 買って食べてみました。とろりとしていて、かなり出来が良いものだと思いました。

▼2020年、入口付近の陳列

▼2019年

ヤマザキショップ

▼パン、お弁当、豊富にありました。作りたての、ほか弁販売コーナーもあります10時~17時。(2020年2月2日15時頃)

▼パンは山崎の菓子パン以外にも、いろいろありました。

▼カップラーメンもたくさん

▼イートインコーナー、ありました。

▼道の駅は17時で閉まるようですが、ヤマザキショップは20時までやっているようです。写真を見て今気づきましたが、WiFiも飛んでいるようですね。

道の駅吉野路黒滝
〒638-0233 奈良県吉野郡黒滝村長瀬22
0747-62-2456
営業時間: 9時00分~17時00分

カフェOh Tree(おおとり)2021年2月3日時点では休止中

2021年2月に前を通ったところ、休止中のようでした。行こうと思う方は、電話等で営業しているか?確認してからの方が無難だと思います。

宿以外で食事を取れるところ2件を紹介します。
一件目は、Oh Tree(おおとり)というカフェです。天河神社の駐車場から歩いてすぐ1分もかからないくらいです。ここでランチを食べることができます。夕方は15:30がラストオーダーということですので、夕食は取れません。ここで有機コーヒーをいただきましたがとってもおいしかったです。店内、感じいいです。冷えた身体が温まり、寛げました。
▼カフェ入口

▼店内

▼有機コーヒー。500円でした。

Oh Tree(おおとり)
電話:090-4949-4124
吉野郡天川村坪内240‐1
10:00~17:00(LO16:30)
休/火・金曜
営業時間等については、事前にお問合せいただき、確認することをお勧めします。

食事処つるや(2019年2月3日時点での記事)

二つ目はお食事処つるやという定食屋さんです。天川の温泉施設天の川温泉に隣接しています。天の川温泉には食事施設がありません。(無料の休憩スペース大広間に持ち込みで食事はできます。来る途中黒滝のヤマザキショップで購入したパンやおにぎりはここで食べると良いでしょう。こちらで、ワカサギの天丼を食べました。)ですので、入浴の前後にこちらで食事をすると良いです。こちらも、16時くらいには閉まってしまうようなので、注意が必要です。
▼お店入口

▼店内

▼メニュー

▼わかさぎの天丼(1,000円税込)
ちっちゃいワカサギがサクサクしていて、おいしかったです。

お食事処 つるや
〒638-0321 奈良県吉野郡天川村坪内27
電話:0747-63-0108
営業時間等については、事前にお問合せいただき、確認しておくことをおすすめします。

川合地区のかどや食堂(2021年)

天川村の川合地区の食堂です。川合の交叉点にあるので、かどや食堂というのだと思います。ふらっと入っていました。コロナ対策、ばっちりで、安心して食事ができました。

食べたのは、大和肉鶏すき焼き風丼(1000円)。
鶏肉が歯ごたえある食感で、味もあって、周りの野菜や卵が甘くてとろりとして絶品。期待していなかったのですが、ヒットでした。
▼大和肉鶏すき焼き風丼(1000円)


▼あまご甘露煮定食(1100円)
連れが食べました。頭も柔らかくて、おいしそうに食べていました。

かどや食堂
〒638-0301 奈良県吉野郡天川村大字川合273−2
TEL:0747630603

天河神社近くのカフェ なや (追記2021年)

2021年初めて寄りました

▼中は落ち着いた和風庭園。そして火鉢とストーブで暖を取っていました。

ゆったりと寛げました。

▼カフェオーレとわらび餅葛餅のセット(600円)

葛餅わらびもちは黒蜜ときな粉の組み合わせが良くて、絶品。このセット、600円はお得だと思いました。天川にまた、お気に入りの場所が増えました。天川に来たら、一度は寄りたいところです。(カフェメニューのみです。食事はできません。ご注意を)

2020年は前を通っただけでした。

天河神社の鳥居の目の前に、カフェがありました。お店に入りませんでしたが、なんだかいい感じでしたので、紹介しておきます。まだ出来たばかり?か、グーグルマップにもでていません。鳥居を出てすぐ目の前にあります。


お店の名前は「なや」というそうです。
なや
住所:〒638-0321 奈良県吉野郡天川村坪内38

関連記事

  • ブックマーク
  • Feedly
富士山

この記事を書いた人

三上あき
アグリセラピスト
占術家(断易)
日本断易学会認定(坤綬)

趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。