はちみつでだいぶ変わります、黒にんにくのはちみつ漬け

  • ブックマーク
  • Feedly

はちみつの老舗で買ったしろつめ草のはちみつと、ヒマラヤのアカシヤのはちみつを使って、黒にんにくのはちみつ漬けを作ってみました。

作っている時に感じたのは、ヒマラヤ(インド)産のはちみつは、やっぱりいい感じだということです。エネルギーが高く、成分も濃厚な印象。それから、瓶に詰めたあとに、しろつめ草のはちみつは、粘り気が強く、アカシヤのようにサラサラとしていないということです。

黒にんにくを漬けるとしたら、癖がない、しろつめ草かアカシヤが良いのでは?と老舗はちみつ店で言われたのだけれど、黒にんにくを漬けるとしたら、流動性のあるサラサラタイプが良いと思うので、一番最初に直観で道の駅で買ったアカシアのはちみつが良いようです。

ただ、ヒマラヤ産は値段が張るので、プレミアムバージョンの際に使うとして、普段は国産はちみつにしようかと思います。ただし、蕎麦やコーヒー、オレンジのはちみつもあるので、好奇心から試してみたいとも思っています。

▼一番右の色が濃いのが、ヒマラヤ産アカシアはちみつ。他はアルゼンチン産しろつめ草のはちみつ
2018年10月14日
ヒマラヤ産はちみつとアルゼンチンのしろつめ草

▼2018年11月8日
2018年11月8日

2018年11月8日

関連記事

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

グローバル企業の経営企画部門に勤める会社員。
アグリセラピスト。
日本断易学会坤綬認定占い師。
ちあき(ChiAki)は、地明と書いて、地球を明るくするという意味です。
趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。