なぜネットをぽろたんに?

先日書いた記事の写真をみていただくと判るのですが、植えたぽろたん栗の苗木をネットで囲っています。そしてそれには、理由があります。

鹿に若芽を食べられないようにするためです。昨年も栗の苗木を植えました。そしてすぐに根付いて新しい若芽が出てきました。それで喜んでいたのですが、しばらくして、その若芽がなくなっているのに気づきました。原因は??だったのですが、どうも鹿に食べられたようだということが分かりました。それで、苗木の上にネットを被せたりしていたのですが、不十分でした。周りには背の低いクヌギの木もあり、他にも食べるものがありそうなのですが、栗の若芽を狙って食べる?いたずら?で、鹿にやられてしまうのです。その後も何度か鹿にやられてしまって、枝が大きく育つというところまではいきませんでした。そんな経験があって、今年は苗木を植えた時点で対策をしました。
▼昨年植えた栗に出た芽
ぽろたん2017年4月23日

▼芽が消え、頭が割れた栗の苗木  上の写真と比べると上方の若芽が無くなっているのが分るかと思います。
ぽろたん2017年6月16日

▼今年植えた苗
今年2018年植えたぽろたん1本目

今年2018年に植えたぽろたん2本目

日曜日に植えたばかりですが、ここ数日晴天が続くので、早朝、水を撒いてきました。速く根付いて、若芽がどんどん育って欲しいです。

ちきゅうにて
2018年3月28日朝水やり後
2018年3月28日朝水やり後

投稿者プロフィール

ChiAki
ChiAki
グローバル企業の経営企画部門に勤める会社員。
アグリセラピスト。
趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。

詳しくはこちら。