今日の占い 艮為山 不動

  • ブックマーク
  • Feedly

今日の占い

3月15日 日曜日
今日の占い 
艮為山
艮為山は不動
「艮」とは、止まる、止めるという意味で、その場に留まり、動きがないことです。この「艮」が、上下に重なっていますので、全く動きがない状態を大切にするように働きかけている卦です。世の中の常識としては、動きがないよりも動きがあること、つまり消極的でいるよりも、積極的にしることのほうが、評価されがちです。しかし、場合によっては動かないことを選択することも大切です。この動かない状態は、一時的な休息・休眠であり、その後の活動のための大切な充電期間です。

卦を詳しくみていくと、官鬼爻、父母爻が旺相です。
そろそろお彼岸です。お墓参りの計画を立てる、もしくは早いけれどお墓まりするなんていうのはどうでしょう。日曜日ですから、休養するのも良いです。

いつも読んでくれてありがとうございます。
みなさまに、良きことが雪崩のごとくおきますように!

今日も良い一日をおすごしください!

艮為山

龍羽先生の易占カード

カードには解説本があります。この解説本はとても良い本で、参考にしていますし、引用もさせていただいています。おすすめです。

最新の運命についての考え

こちらにまとめてみました。

どうやって占っているのか?

卦を出すのには最近はコイン(中国古銭)を使っています。天地人合一という考え方を重視するようになったからです。

六爻占術テキストNo.1より引用

「ひとつのコインには裏と表があり、それは陰と陽のシンボルです。コインのまるい縁は天のシンボルで、真ん中の四角い孔は地のシンボルです。縁と孔の間にある部分は肉と言って肉体を持った人間のシンボルです。つまり、一枚のコインは天地人の三元がそろっているのです。三枚のコインを使ったのは、「道は一を生じ、一は二を生じ、二は三を生じ、三は万物を生じる」、という易の宇宙観を示したもので、宇宙のなかのあらゆる事象の変化が、三枚のコインでわかるのです。

また、画像アップしている周易の易カード(イーチンタロットと呼んだりするそうです)や断易についての説明はこちら☟です。

鑑定希望や学びたい方へ

☟こちらのページにまとめてあります。

  • ブックマーク
  • Feedly
富士山

この記事を書いた人

三上あき
アグリセラピスト
占術家(断易)
日本断易学会認定(坤綬)
元グローバル企業の経営企画部門に勤める会社員
趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。