時をかける少年

最近昔のことを、良く思い出す

最近、歳を取ったせいか、昔のことを良く思い出します。例えば、小学校のグランドの横を通った時に、少年野球の練習をやっていて、自分も小学生の時に野球をやっていて、その時のことを思い出したり、バスに乗っていたときに、中学生の時にバスで通学していたことを思い出したり等々その時の感情まで蘇ってきたり、、。

高校生の自分を見かけた

そして、ついこの前は高校生の時のことを思いだしました。というか、高校生の頃の自分をみかけました。というのは・・・。
パンジー
高校に通う時に使っていた電車の路線に久しぶりに乗っていました。そして高校生の時に乗り降りする駅に電車が停車しました。ホームには高校生の時とほとんど変わらない様子の休憩室がありました。そこを懐かしく思って、ぼーっと見ていると、その休憩室に高校生の時の自分がいるのが見えました。黒い学生服を着て、髪の毛が短い、坊主ではなくて、スポーツ刈りの自分が。部活を終えて、帰宅する途中でしょう。

高校生の自分へ

そして、そのあと、今に過去の自分がいるのではなく、過去の自分がいるところに、自分が行っている感覚になりました。高校生の自分のすぐ近くに行っています。そして、高校生の自分には、悩まなくてもいいんだよと教えてあげたい、そんな気持ちになりました。今いろんなことを経験したおっさんの僕から、まだ若い高校生の自分へアドバスするとしたら、今の君は全く問題ない!そう言ってあげたい。いろんなことを教えてあげたいけれど、一つだけ選ぶとしたら、やはりこれでしょう。今考えると、高校生の時、テストでヤマが良く当たったのは、未来の自分に教えてもらっていたのか・・・なんて思ったり。実は今、またというか、相変わらずというか、あれこれ悩んでいるのですが、この悩み、未来の自分からすると、どうでも良いこと、悩まなくても良いこと、なのではないだろうか?という推理、この高校生の頃の自分に会えたのは、未来の自分からのギブなんではないだろうか?と思ったり。
ある日の夕方、におじさん、かつての少年が思ったことでした。

過去も未来も星座も越えるから・・・。

水色のアジサイ

投稿者プロフィール

ChiAki
ChiAki
グローバル企業の経営企画部門に勤める会社員。
アグリセラピスト。
趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。

詳しくはこちら。