今日の占い  山澤損(さんたくそん) 山澤損は目先ではなく、長期視点で!奉仕の心を意識しよう!

  • ブックマーク
  • Feedly

今日の占い

10月6日 火曜日
今日の占い 
山澤損(さんたくそん)
山澤損は目先ではなく、長期視点で!奉仕の心を意識しよう!

「損」は、損害、損失ということだけではなく、減らすということも意味しています。しかし、必ずしも悪いことだけを示したものではありません。自分が損をしてもそれを人に施し、徳を積みましょう。ということを示した卦です。

「損」して得(徳)を取る」ということです。目先の物欲に捉われずに、身持ち良く払うとか、自分を犠牲にして誰かのために、何かをしてあげる、という精神は、いずれ、プラスになって自分に返ってきます。また、一旦は損をすることで、それは次にやってくる大きなエネルギーのための空きスペース、という考え方もできます。

運気は良くも悪くもありませんが、やはり損失や損害は、ある程度覚悟してください。特に私利私欲に走ると、損害は大きくなりがちです。なお、自ら今まで持ち過ぎていたものを手放す、抱え込みすぎていたものを減らす方向で考えてください。物もお金も多い方が良いと考えがちですが、今は極力減らした方が良い時期なのです。断捨離や、税金の納付、寄付は吉を招きます。

仕事に関して
今すぐに利益が出なくても、長い目で見ることで、上手く行きます。上司や顧客の信頼も厚く得られますので、焦らずに取り組んでください。また、現在抱えている仕事を他の人へ移譲することで、新たな大きな仕事が入ってくることもあります。反面、困っている人の仕事を引き受けることも検討しましょう。一見、あなたが損をする様に思われますが、最終的には、自分にとってプラスになります。

冠婚葬祭や交際費には、気前よく使うことで、充実感を得ることができます。また、困っている友人を助けてあげる、寄付をする、なども、運気アップに繋がります。ただし、これらのことは、損得勘定を考えて行っても、意味がありません。なお、投資などは、当面は儲けが出ないことを覚悟して始めるのなら、最終的には良い結果になります。

龍羽先生の台湾流 龍羽易占カードから引用しました。

断易としての解釈

断易として卦を詳しく見ると、仕事運が退潮傾向です。ですが、目先の成果ではなく、長期的な視点を持つことが重要です。また、足腰を鍛えること、使うことを意識すると良いでしょう。ウォーキング、今まで中断していた方は復活してみては、どうでしょうか。
今日も読んでいただき、ありがとうございます。

読むだけで運が良くなるブログ、そんなブログにしたいと思っています。

ブログを訪問してくれる方の存在が、継続の励みになっています。
ですので、こうしてブログを訪問して、読んでくださるみなさまにとって、良き日となることを願っています。

今日もまた、みなさんにとって、良き一日となりますように!
山澤損は奉仕の心

遠隔コイン占い

実際に対面しないで占えます。卦を出してから、内容についてお話しますので、コインを投げて手計算で卦を出す時間が短縮できます。ですので、対面鑑定のときよりも短時間でポイントをお伝えできます。

龍羽先生の易占カード

カードには解説本があります。この解説本はとても良い本で、参考にさせていただき、引用させていただいています。おすすめです。

最新の運命についての考え

こちらにまとめてみました。

どうやって占っているのか?

卦を出すのには最近はコイン(中国古銭)を使っています。天地人合一という考え方を重視するようになったからです。また、八面体さいころを使うと、動爻が多くなる傾向があります。一方、コインを使うと独発が多く出、卦がそこを強く訴えていると感じます。

六爻占術テキストNo.1より引用

「ひとつのコインには裏と表があり、それは陰と陽のシンボルです。コインのまるい縁は天のシンボルで、真ん中の四角い孔は地のシンボルです。縁と孔の間にある部分は肉と言って肉体を持った人間のシンボルです。つまり、一枚のコインは天地人の三元がそろっているのです。三枚のコインを使ったのは、「道は一を生じ、一は二を生じ、二は三を生じ、三は万物を生じる」、という易の宇宙観を示したもので、宇宙のなかのあらゆる事象の変化が、三枚のコインでわかるのです。

また、画像アップしている周易の易カード(イーチンタロットと呼んだりするそうです)や断易についての説明はこちら☟です。

鑑定希望や学びたい方へ

☟こちらのページにまとめてあります。

  • ブックマーク
  • Feedly
富士山

この記事を書いた人

三上あき
アグリセラピスト
占術家(断易)
日本断易学会認定(坤綬)

趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。