今は分からなくても、いつか分かる時が来る!

  • ブックマーク
  • Feedly

占いの勉強を続けてきて、言えること。

それは、今、分からないとしても、いつかきっと分かる、慣れる時が来ると信じることができること。

ずっと以前、占いの勉強を始めたばかりの頃は、さっぱり分からなかったのだけれど、今は分かっていることがたくさんあります。または分かったというより、慣れた、ということも、いくつもあってその慣れたという積み重ねの上に今の自分があるという実感があります。

今思うと、どうしてあんなところで引っかかっていたのだろう?と思うことがたくさんある。

ですので、今、新しいい分からないことが、たくさんあっても、そのうち分かるようになる、慣れると思えるようになりました。

だから、なんとかメゲズに続けられる。

もちろん、慣れたことによって、普通に使っているけれど、実は本当に理解しているのかは怪しいということもあります。でも、目的は理解することよりも、使うことだから、まずは慣れることが必要だと思っています。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

グローバル企業の経営企画部門に勤める会社員。
アグリセラピスト。
日本断易学会坤綬認定占い師。
ちあき(ChiAki)は、地明と書いて、地球を明るくするという意味です。
趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。