懐かしいアニメ、ミクロイドS、新造人間キャシャーン

  • ブックマーク
  • Feedly

日曜日の夜、高速で車を走らせていると、アニメの主題歌を特集していました。ジャングル大帝のレオの歌、ミクロイドS、赤毛のアン等々、懐かしい歌が流れてきました。すっかり忘れてしまっていたけれど、ミクロイドSというアニメを思い出しました。

ミクロイドS

進化しすぎた蟻が世界制覇を企んで人間を襲ってくる。それを改造されたミクロの人間と、その仲間の人間とで一緒に戦っていく、おおよそそのようなアニメです。漫画版もありますが、テレビアニメとは少しストーリーが違っていて、テーマが重たいので、漫画版はアニメよりもっと雰囲気が重たいです。原作は手塚治虫さん、その主題歌は阿久悠作詞です。その歌詞に、こんなフレーズがあります。

こころを忘れた 科学には 幸せ 求める 夢がない

主題歌ユーチューブ

この歌を日曜日の深夜の高速で、ハイブリッドカーを運転しながら聞いたのです。なんだか、身体に染み入ってきました。

ミクロイドS、第一話が無料で観れます。

手塚治虫さんを始め、アニメって深いです。

新造人間キャシャーン

進化しすぎた蟻、知能を持った蟻が人間を襲って来るという設定と似た設定に、新造人間キャシャーンというアニメがあります。

こちらは、研究開発中の公害処理用アンドロイドロボットに雷が落ち、その影響でそのアンドロイドロボットに自我が芽生え、その自我が芽生えたアンドロイドロボット自己増殖を始め、公害の元凶である人間を襲って来るというものです。自我が芽生えたアンドロイドロボットの技術力は開発者の技術力を超えてしまっています。この世界は、シンギュラリティを超えた世界そのものです。

この新造人間キャシャーンも第一話は無料で観ることができます。

その中でこんなやり取りがあります。

第一話4分55秒頃から(アンドロイドを作った東博士とアンドロイドとのやり取り。アンドロイドに落雷があり、勝手にアンドロイドが動いて博士家族を襲ってきました。)

東博士   :アンドロイドBK1号、研究室へ戻りなさい!
アンドロイド:俺は人間の命令には従わない。
       お前たち、人間は機械を使ってきた
       だが、今度は違うぞ
       今度は俺たちがお前たちを使ってやる
       人間どもを支配してやるのだ
東博士   :狂っている・・・。

公害処理用のアンドロイド、もし、「人間の命令には従う!」というリミッターが何らかの理由で(落雷とか)機能しなくなると、公害の原因を排除するという本来のプログラム通りに動けば、予想できる結果ではあります。

東博士の「狂っている、ということばは、はたして、どちらのことか・・・。

アンドロイドロボットとこれから戦いが始まっていくわけですが、もし、このアンドロイドが狂わなかったとしても、いつかは人間を排除しようとする存在、動きが出てこないとは限りません。

僕も人のことは言えませんが、アンドロイドに排除されない存在でありたいです。

人工知能エクスポ
深夜のアニメソングをきっかけに、久しぶりに懐かしいアニメを観ました。そして最後にもう一つ、バビル2世も。こちらについては、またいつかここで書こうと思っています。このバビル二世も第一話は無料で観ることができます。
バビル二世第一話 五千年前からの使者

もう一つ、影響を受けたのが、マジンガーZです。これについても今度書こうと思います。今日はこのくらいで。

人工知能について以前にこんな記事を書いています。
人工知能の普及による情報大変革期にやるべきこと

超合金Z、マジンガーZ、錬金術?

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

会社員。グローバル企業の経営企画部門に所属。
アグリセラピスト。趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。「ちあき」は、漢字で書くと、「地明」
「地球を明るくする!」を意味しています。