清里といえば、萌木の村、その片隅に

  • ブックマーク
  • Feedly

清里と言えば、萌木の村。その萌木の村の隅に滝見の丘という案内を見つけました。そこで、その滝見の丘に行ってみることにしました。その小径を進むと、他に人はいませんでした。
清里萌木の村

清里萌木の村

清里萌木の村

林の中を進むと、滝を落ちる水の音と思われる音が聞こえてきました。すると、妖精の家という看板と、滝見の丘広場という看板。

妖精の家

その横の階段を登ると、遠方に滝が見えました。今回は真冬に来ましたが、新緑の季節や紅葉の頃に来ると、綺麗なところなんだろうなぁと思いました。

滝見の丘広場

清里滝見の丘広場から

清里萌木の村滝野の丘から

萌木の村は、ロックがあるあたりは人が多いのですが、ちょっと外れるとこんな静かなところもあるのだな、と再発見しました。

  • ブックマーク
  • Feedly
富士山

この記事を書いた人

ほしの ちあき
アグリセラピスト
占術家(断易)
日本断易学会認定(坤綬)
元グローバル企業の経営企画部門に勤める会社員
趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。