草津紀行番外編(矢倉の神代杉と鳥頭神社)

  • ブックマーク
  • Feedly

草津へ向かう途中、大きな杉の木が目に飛び込んできました。

IMG_3207.JPG

車を停めて、何なのか?確認しました。

神代杉というそうです。

日本武尊(ヤマトタケル)お手植えの杉だそう。

ヤマトタケルの植えた神代桜は山梨県にありますが、群馬県にはお手植えの杉がありました。

▼詳細な由緒書きはこちらです。

IMG_3206.JPG

そして、この地は神社。神社の鳥居のすぐ横に神代杉名残りが丁寧に残されていました。

IMG_3211.JPG

▼この神社は鳥頭神社というそうです。

IMG_3205.JPG

▼本殿、地味ですが立派です。

IMG_3210.JPG

▼立派な神楽殿もありました。

IMG_3209.JPG

草津への道中は、けっこう楽しむとことありました。
つづく

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

会社員。グローバル企業の経営企画部門に所属。
アグリセラピスト。趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。「ちあき」は、漢字で書くと、「地明」
「地球を明るくする!」を意味しています。