「エーテル体の徹底探求」という講座を受けました。

  • ブックマーク
  • Feedly

ヒーリングについては、実践的な取り組みが多く、その理論的な背景が希薄になっていると、自分でも感じていたところ、神尾学先生の講座の案内が目に留まりました。

神尾学先生プロフィール

神尾先生は、人智学の研究や代替療法の研究の第一人者で、東京大学出身、ホリスティックスペースアクエリアス主宰され、NPO法人日本ホリスティック医学協会の理事をされています。以前から神尾先生のことは存じ上げており、お話を聞いたこともあったのですが、今の私には必要だと思い、講義を受けることにしたのでした。

講座は全4回

講座は「エーテル体の徹底研究」で全4回。一回は約2時間半(休憩含む)です。
毎月1回、9月~12月まで続きます。
概要として
1.これだけは知っておきたいエーテル体
2.ヒーラーセラピストは学んでおくべきエーテル体
3.ワンランク上を目指すためのエーテル体
4.究極の秘められた次元~エーテル体の全体構造
ということです。

第一回(9月25日)「これだけは知っておきたいエーテル体」

第一回の今回は
前半は、通常考えられているエーテル体と今回の講座の目標
休憩後の後半は「バイブレーショナルメディスン」の業績とその問題点

エーテル体とは何か?という話から始まり、今までの研究から、エーテル体のとらえ方を少し変えたという話がありました。
バイブレーションメディスンというアメリカの内科医が著作の本の内容について詳細に説明がありました。

当日配布の資料から抜粋します。

引用バイブレーションメディスンp152
経絡系は「肉体/エーテル体接触面」?
体表の経絡系に依存する経穴を通じてある種のエネルギーがやり取りされている仮説は、体表の経絡上あるいはその周囲の皮膚電気抵抗を測定した研究の結果によって支持されている。

整体を施術している際に、なんとなくですが、その部位の感触、表面感覚が異なって感じられることがあります。私はオーラや気の流れが視覚的に見えることはないのですが、肌感覚が敏感のようで、指先の感触で違いはなんとなく感じることがあります。これは電気抵抗の変化をなんとなく感じているということなのでしょうか。とても興味深い内容です。

ただし、バイブレーションメディスンでは、経絡系はエーテル体の下に位置付けられているようだけれど、経絡系はエーテル体の一部であるということでした。

感想

そもそも、推拿整体を学ぼうと考えたのは、ヒーリングによって目に見えない部分の調整をしても、多くの人にすぐに効果を感じてもらうことが難しいこと、また、効果を急ぐような状況では、無形からではなく、身体から入った方が手っ取り速いと考えたからなのですが、その方向性が正しいと再確認できた内容でした。

次回は10月中旬の10月17日です。

  • ブックマーク
  • Feedly
富士山

この記事を書いた人

ほしの ちあき
アグリセラピスト。
日本断易学会認定占い師(坤綬)
元グローバル企業の経営企画部門に勤める会社員。
趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。