雨と雪のため、ぽろたん、延期

  • ブックマーク
  • Feedly

今日は春分の日というわけではありませんが、ぽろたんという品種の栗の苗を植える予定でした。
ですが、雪やヒョウ混じりのあいにく雨というあいにくの天候のため、延期することにしました。

それほど降らなかったのですが、大雪警報がでていて、風邪をひくのが怖くて。。。Amazonで買って、自宅に到着以来、段ボールをそのまま玄関に置いていたのですが、さすがに今日は段ボールを開けました。
▼段ボールに入った、ぽろたん接ぎ木苗木。接ぎ木して2年生。
段ボールの中にぽろたんの苗木2本

ぽろたんの苗が二本ちゃんと入っていました。それと一緒に、苗木の植え方を書いた紙が同封されていました。
▼ぽろたんの苗木の植え方説明書

苗木の植え方、イラスト付き

その説明書をみると、それほど深くは穴を掘らなくても良い様子。実は昨年も栗の苗木を買って植えたのですが、その際の植え方の説明書では、穴をけっこう深く掘るように書かれていました。写真は昨年のものですが、穴がけっこう深いのがわかるかと思います。

ぽろたんとは、栗の新品種。渋皮が、ポロっと簡単にむけるのでぽろたんというそうです。農研機構で開発されたそうです。

▼昨年2017年3月に植えた、ぽろたんと、受粉用の利平という品種の苗。ぽろたんは他の品種の花粉がないと結実しないということで、利平という品種の苗木も近くに植えました。

2017年に購入し植えた栗の苗木2本

今年購入の苗は接ぎ木して2年目の苗ということ。昨年の苗は1年目のものだったよう(推測)なので、昨年の苗と今年の苗は同い年!?

▼昨年は、穴、けっこう深く掘りました。50㎝くらい掘って、下に堆肥を置くように説明書に書いてあったので、それをほぼ指示通りに実行しました。
昨年植えた際に掘った深い穴

今年は、昨年ほど深くは掘らないので、穴掘りにそれほどは時間を取られることはないだろうと思うのですが、昨年後手に回った鹿害対策を植樹の際にやるつもりなので、まとまった時間を取らなくてはと思っています。せっかく根付いて、新し芽が出ても、それを鹿に食べられてしまっては、ガックリくるからです。昨年は何度もそれをやられてしまいましたので。

ちきゅうにて

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

会社員。グローバル企業の経営企画部門に所属。
アグリセラピスト。趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。「ちあき」は、漢字で書くと、「地明」
「地球を明るくする!」を意味しています。