立春をすぎて、今年の農作業開始

  • ブックマーク
  • Feedly

立春をすぎて、そろそろ今年も畑の農作業を始めました。畑の隅には古い梅の木があるのですが、毎年この時期には花を咲かせてくれます。毎年梅の実もつけます。たいして世話をしていないのに、ありがたいです。

昨秋受け付けたにんにくは、休眠状態。暖かくなってくると、また目覚めてしゃきっとしてきます。
▼二号菜園


▼一号菜園
こちらは6連作しているのですが、2作目の二号菜園より生育が良いようにみえます。連作によって土作りが進んでいるということでしょうか。

今日は管理機(小型の耕運機)で畑を耕しました。

▼二号菜園

▼こちらは1号菜園。毎年右側にはさつまいもを植えているところです。管理機で耕運開始直前の写真。

また、畑の隅にあるクヌギの木の枝のとなりの畑へ伸びている枝を剪定もしました
雪がちらついたりして寒かったのですが、春はもうすぐだとも感じました。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

元グローバル企業の経営企画部門に勤める会社員。
アグリセラピスト。
日本断易学会坤綬認定占い師。
ちあき(ChiAki)は、地明と書いて、地球を明るくするという意味です。
趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。