温泉とヒーリングの関係、クサツマンザエフェクト

  • ブックマーク
  • Feedly

ヒーリングとは

今日はヒーリングについて書こうと思います。ヒーリングとは何でしょうか?ヒーリングとは、ヒーリング笑。気が付いたら普通に使っていたことばなので、あらためて聞かれると困惑してしまうのですが、
「本来の状態へと戻す働きかけ」であると自分では理解しています。スピリチャルなチャクラに働きかけるやり方も、気功のような気を使って身体に働きかけるやり方もヒーリングとまとめて理解しています。身体に直接働きかける方法では、呼吸とイメージを使います。呼吸を整えると同時に呼吸によって天の気と地の気を採り入れ、それを相手に回します。その際に直接相手の身体を対象とするのではなく、相手の自然治癒力へとアクセスすることにより、相手からのマイナスの影響を少なくすることができます。また、ライトワークともいわれる、光を使うヒーリングでは、意識を主として使います。その前提として、自分自身の光をオンにすること、そしてオンになった光を相手にも灯すこと、これに尽きます。ろうそくの火を別なろうそくに付けることににています。ろうそくは一度火がつけば、あとは自分で燃えています。人間も同じです。

温泉との関係

ジュアリステクニックという、好きなもの、好きな景色、愛する人等をイメージすることによって自分自身を心地よい状態にして、エネルギー状態を上げて、ヒーリング効果を上げるテクニックがあります。クォンタムタッチというヒーリング方法があるのですが、その講座で教わりました。ジュリアスというのはペットの名前のようです。大好きなペットをイメージすることにより愛が溢れる人はペットをイメージすると良いでしょうし、僕の場合は、大好きな温泉のイメージ、草津や万座の露天風呂に入っているイメージを使います。そうすることにより、まずリラックスして心身の状態が良くなります。さらに、温泉の湯治場をイメージすることにより、その湯治場の情報が飛んできます。湯治場の持つプログラムというか情報というか、それをダウンロードするような感じ。そうすうことによってさらにヒーリング効果が上がります。これをクサツマンザエフェクトとといいます。(ChiAki命名)

▼草津温泉の歌の絵
草津良いとこの歌の絵

▼草津温泉1
草津温泉のお風呂

▼草津温泉2
草津温泉

▼万座温泉
万座温泉の白濁したお湯

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

グローバル企業の経営企画部門に勤める会社員。
アグリセラピスト。
日本断易学会坤綬認定占い師。
ちあき(ChiAki)は、地明と書いて、地球を明るくするという意味です。
趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。