台風が去った後、パプリカ初収穫

  • ブックマーク
  • Feedly

台風が去った日の夕方、家庭菜園を見に行きました。
大きく荒れた様子はなく、ホッとしたのですが、パプリカの枝が一本だけ折れていただけで、あとは無事でした。

地を這うように伸びているさつまいもは全く無事で、雑草とその勢いを争っていました。
パプリカが折れていた。

折れて落ちていたパプリカの枝
折れたパプリカ

そんな中、赤くなっていたパプリカの実を、今年初収穫しました。

▼ガブリエルというパプリカの一種
ガブリエル

▼こちらは、かわいいビバパプリコット
ビバパプリコット

台風によって、枝が折れたりもしながら、大きく育って赤くなったパプリカ。

この大きな実のパプリカは、ガブリエルというパプリカの一品種です。

例年作っているのは、ビバパプリコットという小ぶりだけれど、甘くて栄養価も高いといわれるパプリカなのですが、今年は大きく育つ、見栄えの良いガブリエルも作ってみようと思い、その苗も植えたのでした。

そのガブリエルの初収穫は、とてもうれしいです。そして、小さいけれど、甘くて栄養価も高いビバパプリコットも二つ収穫。もちろん、こちらも今年初収穫。

その後、大きく育った雑草取りをして、手からもグランディングをして、すっきりして帰ってきました。

▼草取り前。さつまいもは雑草に負けずに元気です。
草取り前

▼草取り後
草取り後

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

グローバル企業の経営企画部門に勤める会社員。
アグリセラピスト。
日本断易学会坤綬認定占い師。
ちあき(ChiAki)は、地明と書いて、地球を明るくするという意味です。
趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。