ヒーリングと推拿

  • ブックマーク
  • Feedly

クォンタムタッチヒーリングと推拿

クォンタムタッチヒーリングのワークショップでは、整体に知識は不要ということでした。ですが、そのキャリクラムには、筋肉骨格を簡単に学ぶ時間が組み込まれています。推拿整体を学び始めたばかりですが、クォンタムタッチだけに限定しないけれど、ヒーリングを施術するにあたり、身体構造や経絡についての知見があった方が、施術の効果が高まると思います。それは、例えが適切かわかりませんが、工場の自分の後工程を翌理解しておいた方が、工場全体としてうまく機能するということに似ていると思います。高次のヒーリングにしろ、クォンタムタッチヒーリングにしろ、肉体を持った人間を相手にしているのであるから、高次の成果を肉体次元にまで落とし込むには、肉体のことをよく知っていた方が(工場の後工程にあたります。)、人間に施術するのであれば、より良いと思えるのです。

高次ヒーリングと肉体

宇宙を彷徨う、高次元の存在に施すのであれば、高次元のヒーリングで十分でしょう。しかし、肉体を持ってい生きていると、それだけでは足りないと思えるのです。プ高次から推拿まで、一気通貫で施せるシステムが必要なのでは?と思うのです。

私は、高次元のヒーリングを否定しているにではありません。そういうヒーリングも、推拿整体のような身体に直接働きかける施術も、どちらも必要だと思っているのです。どちらも、です。

関連記事

  • ブックマーク
  • Feedly
富士山

この記事を書いた人

三上あき
アグリセラピスト
占術家(断易)
日本断易学会認定(坤綬)
元グローバル企業の経営企画部門に勤める会社員
趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。