草津での予定、2018年2月の旅

  • ブックマーク
  • Feedly

草津温泉へ2月12日から15日まで行って来ます。
ぞの前準備で草津温泉について、特に源泉について調べてみました。

以前に宿泊したことのある、松村屋旅館、末広屋旅館は湯畑源泉。

今回は旅館たむらに宿泊予定なので、地蔵源泉のお風呂に入れます。
万代鉱源泉に入りたいので、こぶしの湯か、御座之湯に行ってこようと思っています。御座之湯には湯畑源泉と万代鉱源泉の2種類の源泉がひかれているようですので。
硫黄の含有量が万代鉱源泉は少ないようで、草津温泉源泉で硫黄含有量が一番多い、煮川源泉の大滝乃湯にも寄りたいです。

また白旗源泉の白旗の湯へも寄ります。

IMG_3345.JPG

IMG_3344.JPG

西の河原源泉に入るには、共同浴場凪の湯へ行けば良いようです。西の河原の大露天風呂は西の河原源泉ではなくて、万代鉱源泉が引かれているようです。面白いですね。湯船が大きくて使用湯量が多いからかな。万代鉱源泉が一番湯量が多く、温度も高いからかな。万代鉱源泉は一番新しい源泉で、温度も湯量も多いのですが、白根山のマグマに近いところから出ているからと、どこかのサイトに書いてありました。温度が高いから硫黄成分が入り込めず、透明度が高いということでした。

どの湯にもそれぞれ良さがあると思うので、今回はいろいろ入ってみたいです。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

グローバル企業の経営企画部門に勤める会社員。
アグリセラピスト。
日本断易学会坤綬認定占い師。
ちあき(ChiAki)は、地明と書いて、地球を明るくするという意味です。
趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。