草津での心のこり

  • ブックマーク
  • Feedly

満喫した草津旅行でしたが、実は心残りが二つあります。
ひとつは、射的をやれなかったことです。
いつでも2泊するので、いつでも行けると思っていました。
で、あとでいいやと思っていたのですが、行こうと思ったときには行列ができていて並ぶのを躊躇しました。
そして、時間湯体験したら身体がけだるくなってしまったりとで、結局できませんでした。
▼湯畑のすぐ近く、お蕎麦を食べたお蕎麦屋さんの隣。射的本舗まんだら堂

IMG_3434.JPG

▼10発500円。。

IMG_3335.JPG

そして、もう一つの心残りは、温泉落語を聞けなかったことです。

温泉落語は湯畑目の前の熱乃湯で毎日夜8時から開催されているということで、ぜひ聞いてみたいと思っていました。が、午前中時間湯体験をした日、午後から身体がけだるくなってきて、夕食を食べたら眠くなってしまって、こちらも射的同様体験できませんでした。
〇温泉落語

この2つは、ぜひ今回の草津行きで時間湯と同様体験しようと思っていたので、心残りとなりました。

でも、時間湯もまたやってみたいと思っているし、、で、草津にはまた行くと思います。
ですので、次回の楽しみとして取っておいたと解釈します笑

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

会社員。グローバル企業の経営企画部門に所属。
アグリセラピスト。趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。「ちあき」は、漢字で書くと、「地明」
「地球を明るくする!」を意味しています。