河口浅間神社(かわぐちあさまじんじゃ)

  • ブックマーク
  • Feedly

河口湖半にある浅間神社。せんげんじんじゃではなく、あさまじんじゃと読むそうです。河口湖温泉に宿泊した際に、ホテルから割と近くに素敵な神社があると知って寄ってみたのでした。

コンテンツ

河口浅間神社

近隣の富士吉田に力強い北口本宮冨士浅間神社がありますが、ここは、そちらとはちょっと違う良さがありました。

☟北口本宮冨士浅間神社についての記事です。

富士山の噴火を鎮めるために建てられた由緒正しい神社でした。

境内には大きな大きな杉の木が何本もあり、また数社の末社もあって、独特の雰囲気が漂っていました。

その数ある杉の中でも日本の杉の木がくっ付いている杉の木は縁結びにご利益があるということで人気の撮影スポットになっていました。

関東方面からの観光バスが、何台も来て団体参拝者が多くやってきていました。

▼他にも、いくつかの神社がありました。

▼いくつもの神社が合祀されていました。

▼杉の木以外でも、こんないわれがありました。

感想

独特の雰囲気の河口浅間神社、ここも河口湖に来たらぜひ立ち寄りたいところの一つです。

河口浅間神社(かわぐちあさまじんじゃ)

〒401-0304 山梨県南都留郡富士河口湖町河口1
(鳥居から道を挟んで対面に大きな駐車場があります。)

  • ブックマーク
  • Feedly
富士山

この記事を書いた人

三上あき
アグリセラピスト
占術家(断易)
日本断易学会認定(坤綬)
元グローバル企業の経営企画部門に勤める会社員
趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。