推拿整体学校(症状別施術編)2日目

  • ブックマーク
  • Feedly

症状別施術編第2日(頭痛、足のだるさ、膝痛)

今日は頭痛、足のだるさ、膝痛について教わりました。前回頭痛の仰向けでの施術は教わっていたのですが、うつぶせでの施術はまだでしたので、まず頭痛のうつ伏せ状態での施術について教わり、その後卒業生の整体師の方に練習台になっていただき、頭痛と足のだるさについて教わりながら練習をしました。

症状別の手技について感じたこと

リラクゼーション施術に比べ、ツボが多く出てきます。また、回数が1回とか2回とか明確になっていません。これは、症状の程度や被施術者の反応を見ながら、決めていくということです。リラクゼーションの場合は、1時間程度で終了するということを前提でぷrとグラムが組まれているので、回数が明確になっているそうです。たくさん登場してくるツボは、今後しっかりと覚えていきます。

飯山長谷寺10月1日

今日も天気が良いので、飯山長谷寺に寄りました。今日はまた日中の暑さが厳しくなりました。今日は平日ですが、参拝する人が、いつもよりは、居ました。先週とだいぶ感じが違っていました。また、いつもは閉まっている本堂横の御朱印等を販売するスペースが開いていて、人がいました。そこで、聞いてみると、土日は開いているんだけれど、平日も対応できるのであれば、できるかぎり開いていこうということになった、ということでした。
さらに、仁王門の修理について伺ったところ、門がある場所は公道なので、修理をするにしても、お役所の許可が必要で、現在その許可を待っているところだということでした。そして、仁王像は門が傾いているので、他の場所に避難しているということでした。

▼長谷寺のイヌマキ。時々、語りかけてくれます。

続く

どうして、推拿整体を学ぼうと思ったのか?

通っている、整体学校のサイト(厚木市飯山、浜岡整体院)

☟関連記事
前回記事

リラクゼーション施術の習得の時の様子を書いた、勉強を始めたばかりのころの記事です。

  • ブックマーク
  • Feedly
富士山

この記事を書いた人

ほしの ちあき
アグリセラピスト。
日本断易学会認定占い師(坤綬)
元グローバル企業の経営企画部門に勤める会社員。
趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。