算命学講義、第17回

  • ブックマーク
  • Feedly

算命学の学校に通っています。今回で17回目の講義です。今回で上期は終了。次回10月9日から下期が始まります。消費税率がアップされたのです、月謝が13,200円に上がるそうです。

六種天中殺の家系の流れ

前回教わった六種天中殺ですが、その家系の流れに関するところを整理して説明してくれました。子丑天中殺は初代運、午未天中殺は末代運、辰巳天中殺と戌亥天中殺ははみだし運、寅卯天中殺と申酉天中殺は跡取り運といった感じです。各論で特徴を聞くだけだと、頭の中がごちゃごちゃになったままでしたが、これで「家系の流れ」については整理できました。

陽占天中殺

今回は陽占の天中殺についての説明が主でした。貫索星天中殺から始まって、今回は司禄星天中殺まで。板書が多く、ずっと説明を聞きながらノートに写していました。かなり疲れました。

感想

この日は、午前中エーテル体の講義を聞いて、午後から断易の鑑定をしました。その後夜算命学の講義でした。どれも集中して、流すといったことができる内容ではなかったので、けっこう疲れた日でした。

前回の記事(16回目)

☟関連記事

  • ブックマーク
  • Feedly
富士山

この記事を書いた人

ほしの ちあき
アグリセラピスト。
日本断易学会認定占い師(坤綬)
元グローバル企業の経営企画部門に勤める会社員。
趣味温泉巡り。特に草津、万座、西伊豆がお気に入り。